投稿

2020の投稿を表示しています

ラーフとケートゥの位置がずれているように見える事象についての解説(true nodeとmean node)

最近、ラーフとケートゥに関して、2件のよく似たお問い合わせがありました。

 「他で作成されたチャートのラーフとケートゥの位置が、
Jyotish-ONEによるチャート上のラーフとケートゥの位置と違います」
という内容です。

これは実際のチャートで調べてみると、
予想通り、「true node」と「mean node」という計算方法の違いによるものでした。

ラーフとケートゥは、地球から見た太陽と月の軌道(黄道・白道)の2つの交点のことです。
ちょうどそのポイント上に、太陽と月が位置すれば、蝕が起きるポイントとも言えます。
参考:Wikipedia月の交点

月の動きは現代においても、高精度に計算するのは難しい面があるぐらいなので、
コンピューターのない時代には、高精度な位置の把握は難しい面があり、
太陽と月の軌道計算によって導かれるラーフとケートゥの位置(経度)を正確に把握するのは、困難がありました。

そのため、正確な位置(true node)を算出する代わりに、
平均的な位置(mean node)を使用して、RaKeの位置を算出する、ということが通常でした。

Jyotish-ONEでは、
Swiss Ephemerisという天体計算ソフトを使用しており、
そこから導き出された高精度なラーフとケートゥの位置を使用しています(true node)。

そのため、meanとtrueの間で位置(経度)に違いがあり、
特に、星座の境界域にRaKeが位置するチャートの場合は、
「一つ隣の星座にずれる」という問題が生じることがあります。

Jyotish-ONEでは、監修の先生との協議の上、
true nodeを表示させております。
コンピューターによって高精度な計算ができる時代ですので、
天空上のより正確な位置を利用する形です。

ご質問いただいた2ケースにおいては、
どちらもやはり、trueとmeanの両方で確認したところ、
隣の星座に移動してしまう状況が確認されました。

「どちらが正しいですか?」という問いには、
「より正確なラーフとケートゥの位置はtrue nodeの方です」といったお返事はさせていただいております。

ラーフとケートゥは、奥が深いですね。



時刻修正ボタンの拡張を実装しました

イメージ
時刻修正のボタンについて、トランジットページのように、基本チャートページにも詳細モードを実装しました。 これまでは、基本チャートページでの時刻修正は、限られたボタンでしか行えませんでしたが、これからは「詳細化」のボタンを押していただくと、年や月単位での修正も行えます。よろしければどうぞご利用ください。