星座表とハウス表です

インド占星術Jyotishは、いくつかのチャートの形があります。
Jyotish-ONEでは現在、南インド式のチャートを実装しています。
将来的には北インド式のチャートも実装せねばなりませんが、web上で再現する難易度が南インド式に比べてかなり上がります。

南インド式のチャートは四角い形をしており、星座の位置が定まっています。(ちなみに北インド式はひし形のマスで構成されており、ハウスの位置が固定されています。)

Jyotish-ONEでチャートをご覧になる際、慣れていない方のためにざっくりとした星座表とハウス表を作成いたしましたのでご参照下さい。

以下は星座の位置関係と、性質を簡単にまとめたものです。
星座は支配星と在住惑星の高揚・減衰・定座・ムーラトリコーナが重要なので、度数範囲の簡単なメモも入れておきました。

以下はハウスの性質を簡単に列記したものです。また、ハウスのまとまりも追記いたしました(ケーンドラ、トリコーナなど)。
あくまでハウス番号は相対的であり、ラグナ(アセンダント)を起点の「1」とし、そこから時計回りに1ずつカウントアップされていきますので、この表はご覧になるチャートごとに読み替えてください。Jyotish-ONEでご覧になると、自動でハウスナンバーが付番されていますので、初心者の方でも間違えることはないと思いますが。

ご参考になれば幸いです。


コメント

このブログの人気の投稿

ムリチュバーギャも表示されております