1200年分ほどのトランジットデータベースを作成しています

Jyotish-ONEでは、西暦1000年から2200年までの毎日の惑星配置データベースを保有しています。

ただ、1日あたり1配置なので、
動きの速い月などは扱いが難しく、
また、惑星が星座の境界域をまたぐ際の扱いも難しい面があります。
そこで、それは実際のチャートで確認していく形となります。

このデータベースは、実際の惑星配置データに加えて、
パラーシャラアスペクトもデータベースに登録してあります(火星・木星・土星の3アスペクト含む)。
以下の表をご覧いただくと、実際の惑星在住と、パラーシャラアスペクトの様子をご覧いただけるかと思います。


トランジット関連の機能は、概ね有料版でのご提供となる予想ですが、
1000年以上の年月のトランジット表で、歴史的・社会的事象を研究すると面白い統計が取れるのではないか、などと期待が膨らみます。
リアルタイムでの惑星計算では、様々な配置やアスペクトを大量に処理することは難しく、このトランジットデータベースを作成いたしました。
作成にやや時間がかかり、またコンピューターに計算させるのにも幾分の時間を要しましたが、良いものが出来上がって満足を覚えます。
出来上がったデータベースと実際の惑星計算とで比較検証しましたが、うまく作成されていることを確認しております。

上記のトランジット表(惑星運行表)はまだプロトタイプであり、公開はしておりません。

テスト環境では、自由に時期を設定してご覧いただける形になっており、
なかなか楽しめます。
公開をお待ちいただければと思います。

トランジット関連の開発も、これから頑張ってまいります。
どうぞ宜しくお願い致します。


コメント

このブログの人気の投稿

星座表とハウス表です

アシュタカヴァルガもご活用ください

インド式と西洋式では、星座のズレが23〜24度程度あります