緯度経度の60進法入力を準備いたします

現状のJyotish-ONEは、緯度経度の入力が「10進法」のみとなっております。
これは、google mapの仕組みを利用していることと、
惑星の角度計算ソフトも10進法が採用されていることによります。

しかし、人間の認識は、60進法の方が分かりやすい、という面があります。

実際、ラオ先生の著作のチャートサンプルなども、
60進法の緯度経度が記載されていたりします。

10進法と60進法の変換は簡単ですから、
いずれ時間を見つけてどちらでも入力できるようにいたします。

変換自体のコードは簡単でも、
入力窓を作ったりするユーザーインターフェイス開発の方が、少し手間がかかります。

この機能をお待ちいただいている方には申し訳ありませんが、
もうしばしお待ちください。

それにしても、google mapの仕組みを使うと、非常に精度の高い緯度経度が取得できるので、本当に画期的ですね。
驚くほど簡単で、感動を覚えます。

(以下の画像は、現状の生誕地入力部分です)

コメント

このブログの人気の投稿

星座表とハウス表です

アシュタカヴァルガもご活用ください

インド式と西洋式では、星座のズレが23〜24度程度あります